前へ
次へ

弁護士になるために法律の勉強をした

私は弁護士だった父親の影響もあって子どもの頃から弁護士になることを夢見ていたのですが、高校時代はなかなか成績が上がらず苦労して本当に希望する大学に入れるか心配しました。それでも受験シーズンに一生懸命勉強したこともあり何とか第一希望の大学に入ることができたので良かったのですが、ここからも試練が続き大変なことが色々ありました。私の入った大学は偏差値が高かったこともあり授業内容がハードで周りも勉強のできる人達ばかりだったので付いて行くだけで精一杯だったのですが、そういった環境の下で法律の勉強ができたことは良かったことだと思っています。その後何とか司法試験に合格して弁護士になり法律事務所に勤めているのですが、大学時代に勉強したことは大きくそのおかげで今があると言っても過言ではないです。もちろん大学の授業だけで弁護士になれるほど甘くはなく資格の学校に通って勉強もしたのですが、それでも大学の教授に教わったことはとても素晴らしく今でも私の宝物です。

Page Top