前へ
次へ

相続したくない場合の法律問題

親が亡くなった場合などは、家などを相続することになります。例えば価値のある家でなくても、いくらか財産的な価値があれば、相続する意味はあると言えるでしょう。これに対して、残念ながら親が借金などを作って相続をしたくない場合もあるかもしれません。このような場合法律上では、相続放棄と呼ばれるものが認められています。相続放棄とは、相続をしないことを意味しています。法律に定められていますので、堂々と放棄をしましょう。具体的には、財産はあるけどもそれ以上に借金がある場合は財産も相続する一方で借金も相続しなければならず、結果的に相続するだけ損になります。このように考える場合には、相続をせず放棄をする必要がありますが放棄をすることができる期間は定められています。この場合、おおよそ相続をした時から3カ月間で放棄をしなければならないため、逃さないようにしましょう。相続放棄をすれば結果的に、無駄に借金を背負い込まずに済むことになります。

Page Top